「世界最高のホテル プラザでの10年間」(小学館)日本のおもてなしは世界一と言われるにもかかわらず、なぜ日本では外資系のホテルばかりが流行るのか?そのパラドックスを解くカギとなる日米文化比較論。

「海外旅行が変わるホテルの常識」(ダイヤモンド社)アメリのホテルはアメリカの常識に基づいて運営されている。よって、アメリカの常識を理解していなければ、快適な滞在はできない。アメリカ旅行を楽しくするための情報提供本。

「サービス発展途上国日本」(オータパブリケィションズ)外国文化が知りたくて、海外で働ける仕事を探していたら、外資系ホテルと出会った。シンガポール、サイパン、ニューヨークと、それぞれ違うホテル文化が存在した。その経験を踏まえ、日本のホテルはどう変わるべきかを論説。

「なぜお客様は神様では一流と呼ばれないのか」(パル出版)近年の日本の弱体化の基は日本文化が造り上げた低生産性にある。その最たるものをホテル業界に見ることができる。サービス業からみた沈み行く日本を解説。

「超一流の働き方」(日経出版)世界のVIPを迎えるプラザホテルは、日々緊張の連続だった。そこで学んだ働き方を紹介。

「アメリカ社会で起きている就労実態」(転職鉄板ガイド)レイオフ、ヘッドハンテイング、ファーロウ。アメリカにある企業で実際に起きていることを紹介し、アメリカ企業で上手に立ち回る方法を解説。

1883年完成 ブルックリンブリッジ